三昌貿易

雪月花について

美しく愛らしく彩る

かはゆしKawayushi

日本の伝統文様はかつて、着物や器はもちろん、襖や欄間、生活の様々なところに施されていました。それらは先祖たちの生活の願いや美意識が込められて、今日まで伝えられてきました。伝統文様は今日でも、実に魅力的に私たちの目に映ります。

そのような日本の文様を明るく可愛らしく空間を彩る絨毯に織り込みました。「かはゆし」は愛すべき文様たちが織りなす私たち日本人のこころです。 歴史ある本物の「文様」を日々の生活の中でお楽しみくださいませ。

中国・四川省 美しい古城のまちで
熟練の職人が手作りしています

京の陶芸家が描く
愛すべき日本の文様たち

カジュアルでありながら
上品さや重厚さを失わないよう心がけました。

川尻 潤 Jun Kawajiri

美術家・陶芸家。加賀前田藩御用窯の窯主を祖に持ち、京都清水焼窯元としては四代をかぞえる。東京藝術大学デザイン科を卒業後、同大学修士課程・博士課程を修了。「歪み」「雅な装飾性」「多様な文様」など日本美術のみに見られる特殊性をテーマとしたオブジェやアートとしての器を制作。近年は、極彩色・金・プラチナなどを多用した煌びやかな作品を国内外で発表し、数々の賞を受賞。陶芸のほか日本美術をテーマとした執筆や講演でも活躍。

TOP